OURA歴1年の私が感じたオーラリングのメリットとデメリット

最近スマートウォッチの市場がすごいことになっていますが、同じく指輪形式のウェアラブルガジェットが注目されていますね。

そんな中、健康オタクの私はリング系のウェアラブルガジェットの一つであるOURA(オーラリング)を数ヶ月ほど使っています。

今回はこのオーラリングを実際に日常的に使っていて感じるメリット、デメリットについて正直にレビューしていきたいと思います。

オーラリングでできることは?

オーラリングはパッと見普通の指輪なんですが、内側にチップが埋め込まれていて、それを通じて装着している人の体温、心拍数、アクティブ度、睡眠のトラッキングをしてくれ、その日のコンディションなどをアプリを通じて知らせてくれます

 

特に、心拍変動を含む心拍数や睡眠トラッキング機能の正確性は業界一と言われています。

コロナ感染を予測できるガジェット?

最近はコロナウイルスの影響で、心拍変動記録により体調が予測できるので、アメリカのNBAが選手全員のために買い上げたというすごいニュースもありました(笑)

 

ちなみにオーラリングはコロナウイルスに感染しているかどうかを予測できるわけではないです

 

一般的に、心拍変動が少なくなっていると体調があまり良くない可能性が高いという一つの指標として掲げられているだけなので、ただ体の炎症を察知するのには使えますがその原因がコロナウイルスかどうかは分かりません。

専用アプリでコンディションを知る

OURAのアプリを開くとこのようにその日の体のコンディション、昨夜の睡眠スコア、その日の推奨運動量などが表示されます。

f:id:comozo:20210903160609j:image

f:id:comozo:20210903160621j:image

コンディションの良い日は、推奨運動量が多めに設定されたりします。

 

本当に正確なのかもと思ったのは、朝起きてその日のコンディションスコアを見て低いなと思った日は運動しているといつもよりキツく感じます。

逆に、コンディションスコアが比較的高い日だと運動していると体がよく動くと感じることが多いです。

AppleWatchと比較した時のメリット

ここからは私が実際に使って感じたオーラリングのメリットを紹介していきます。

詳細な睡眠トラッキング機能

私はAppleWatchも使用していますが、正直睡眠トラッキングの機能はオーラリングの方がはるかに良いです

オーラリングは

  • 覚醒
  • 浅い睡眠
  • レム睡眠
  • 深い睡眠

のそれぞれの段階を検知し、一回の睡眠でどのセクションにどれくらいの時間を費やしていたのかを詳細に知らせてくれます。

 

例えば自分は0:00〜8:00まで寝れていたつもりでも、起きてトラッキングを見ると夜間に何回も覚醒していて、結局トータルすると睡眠時間が7時間となったりするんですね。

 

この詳細な睡眠トラッキング機能のおかげで、質の高い睡眠を取るにはどうすればいいか日中のアクティビティや食事を工夫をしたりするようになるので、睡眠に対しての意識が上がるうえ、自分の健康管理にも気を遣って生活するようになります。

 

結果的に自分の生活習慣やリズムが改善されるので、これは凄くいい機能だなと感じています。

心拍変動から体の炎症具合が分かる

オーラリングは心拍数の検出においてウェアラブルデバイス系ではトップレベルの正確さを誇っています

ですので、持ち主の心拍変動から、どれくらい体が炎症しているか回復できているのかを結構な正確性をもって知らせてくれます。

 

心拍変動が少なくなっていると、体が疲れている、回復しきっていない、または何かしら炎症を起こしている(体調が悪くなってきている、風邪をひき始めてるなど)という証拠なので自分の体と向き合って生活できるんですよね。

コンディションに沿った運動レベルを設定できる

例えば私の場合だと毎日運動するんですが、回復指数があまり高くない場合は軽い運動程度にして、激しい運動は体が完全に回復するまで待ったりしています。

運動すればするほどいいわけではなくて、その日のコンディションに応じた運動をしなければせっかくのワークアウトもむしろ体に悪いので、その日その日の体の状態に合わせた運動ができるようになりすごくありがたいです

AppleWatchと比較したときのデメリット

ここからはオーラリングのデメリットを紹介しますが、デメリットというか『少し使いづらいなぁ』と思う点について書いていきたいと思います。

リアルタイムで心拍数は分からない

AppleWatchの場合リアルタイムでの心拍数を確認できるのでリアルタイムの心拍数を確認しながら運動したりできるのですが、オーラリングはリアルタイムでの心拍数トラッキングはできないです

私は運動するとき一定の心拍数のゾーンを保ってワークアウトをしたいので、この点がApple Watchを手放せないでいる理由ですね。

なので運動する際心拍数を測りながらやりたいという人には物足りないと思います。

なくした!と思って焦る日々

このガジェットはなんせ見た目が普通の指輪なので、時計とは違って少し外してどこかに置いたり、ポケットに入れておいたりすると本当に無くしたと焦るくらいどこへやったのか気付きにくいです(笑)

 

コンパクトすぎると楽ですが無くしやすいというデメリットが生まれてくるので、私のようにズボラな人間は要注意です。

オーラリングは一応防水ですが、シャワーを浴びるときなんかは私は外したいので洗面所に置きっぱなしにしてしまったり…

置く場所を作ったり、トレーを置いたりなどして今後も無くさないよう気をつけたいです。

指につけるのは楽だけど結構邪魔な時も…

シーン1. 重い荷物を持ったとき

これは指輪ならではのデメリットだなと思うんですが、買い物とかして重い荷物を持つとリングをつけてる指が荷物の重みと指輪の硬さで圧迫されて結構痛いです。

シーン2. スマホを触るとき

さらに人差し指にリングをつけると特になんですが、スマホを触るときにスマホと指輪が接触して少し操作しづらくなったりしますのでつける指にはご注意を。

普段指輪をあまりしない人からするとこういった小さなストレスも出てくると思いますのでこれらのことを知ったうえで購入されると心の準備もできていいと思います。

 

以上が数ヶ月オーラリングを装着してみて私が感じたことです。

 

自分の健康のためにどんなウェアラブルガジェットを使うのかはそれぞれの人に合う合わないがあると思いますので、色んな情報を比較して購入されることをオススメします。

 

私は実際に使っているオーラリングについて説明させていただきましたので1人でも多くの方に参考になればと思います。

それではまた!